営業メールを送ってアピールしよう!

営業メールを送ってアピールしよう!

メールレディは、男性とメールでのやり取りがなければお給料が発生しません。しかし専用サイトに登録した直後、メールでやり取りが始まるわけではないのです。

自分からアピールしにいかなければ、足跡すらつきません。そこで重要なのは、営業メールを送ることです。男性に自身の存在を知ってもらい、メールのラリーが続くようにアピールします。

ここでは、男性に最初に送るメールのコツについて解説してきます。

▶メールする前にプロフィールを見ておこう
営業メールは、ただ送ればいいわけではありません。メールを読んだ男性が思わず返信したくなるように、工夫する必要があるのです。

返信率をアップさせるには、その男性がどんな目的でメールレディのサービスを利用しているのか知るためにプロフィールを確認しておきましょう。

女性会員と疑似恋愛を味わいたいのか、下ネタで盛り上がりたいのか、話し相手になって欲しいのかをプロフィールから探るんです。

エロネタを欲している男性なら、プロフィールの紹介文に下ネタが含まれている可能性大。そんな男性に対しては、エッチな内容のメールを送れば高確率で返信してくれますよ。

もしエロ要素のないプロフィールなら、女の子とイチャイチャしたり喋りたいだけかもしれません。「寂しがり屋だからかまってくれませんか、〇〇さんのプロフィールを見て気が合うと思いました」というような内容のメールを送って、様子を伺ってみましょう。

▶数でかせぐ!営業メールを一斉送信せよ
返信率をアップさせたければ、数撃ち当たる作戦もありです。1日で200~500人の男性にメールを送れば、そのうち数人は返信してくれるはず。しかし一人一人の男性に対してメールを毎回考えると、かなり時間がかかってしまいます。

より多くの男性に営業メールを送る方法として、一斉送信が便利です。

ただし重要なのは、コピペだと分からないような内容にすること。コピペだとバレないようにするためには、以下の方法が有効です。
・男性の名前だけ変えて送る
・最初のメッセージに共通の趣味があるアピールをする

「〇〇さん、初めまして^^20歳になったばかりの女子大生です♪」
上記の内容を冒頭で書く場合、〇〇の男性の名前の部分だけ相手に合わせて変えると◎。一斉送信だと気付かれないように、一工夫入れるのが大切です。

一斉送信をするなら、1日何通まで送れるのか確認しておかなければいけません。サイトによって一斉に送れる数が決まっており、1日で最大500通までのところと200通までのところも。

メールを送る前に、チェックしておいてください。